高崎ビューティモード専門学校 Official Blog

夢を実現できる美容学校|TBM 高崎ビューティモード専門学校|Official Blog

イベント・行事 美容お得情報 日常・授業

【紫外線対策してますか?】夏が近づいています♪

2021/06/22

皆さんこんにちは!

まだ降水量は少なく晴れてる日が多いこの頃

紫外線は1年中降り注いでいますが、これからの時期、特に注意が必要です!

今の紫外線対策が、今後の肌状態にとっても影響してきます。

紫外線は、UV-A、UV-B、UV-Cの3つに分けられ、私たちの体に影響を及ぼすのがUB-A、UB-Bです。

UV-A

太陽から届く紫外線の9割を占め、波長が長く窓ガラスも通り越して肌の奥の真皮層まで侵入し、肌のハリや弾力が失われ、シワやたるみに繋がります。

また、メラニン色素を酸化させ肌を黒くさせる作用もあり、シミの原因にもなります。

 

 

UV-B

太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないですが、強いエネルギーを持ち肌へダメージが大きく、火傷したように肌が赤くなったり、肌が黒くなったり、シミやソバカスの原因となり、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つます。

 

紫外線から肌を守りましょう

ー日焼け止めー

UB-Aに対する防御能を示すPA(Protection grade of UV-A)

・PA+~PA++++まで4段階あり+が多いほど、UVAの防止効果は高くなります。

UB-Bに対する防御能を示すSPF(Sun Protection Factor)

・ SPFは最大50+まであり、+の数が多いほど、SPFの数値が高いほど、UVBの防止効果は高くなります。

日常生活であればSPF20・PA+~++、外出や屋外での活動にはSPF30~40・PA+++

日差しの強い中での活動にはSPF50・PA++++

特に日差しの強い中での活動や紫外線に弱い人はSPF50+・PA++++

などが目安となりますが、PAやSPFが高ければ安心ではなく、2~3時間おきに塗り直すことの方が紫外線対策として重要です。

紫外線防止グッズの活用

日やけ止めの使用と併せて、つばの広い帽子をかぶる、日傘をさす、サングラスをかける、長袖や厚手の服、編目のしっかりした服を着るなど、身につけるものや洋服の素材でより効果的に紫外線を防ぐことができます。

 

日焼け後のアフターケア

日焼けをして赤くなってしまったら、軽いやけどと同じ症状です。

まずは肌のクールダウン、患部を冷やして炎症を抑え、その後はたっぷり保湿をしましょう。

痛みがあったり、水ぶくれができた場合は早めに皮膚科を受診するようにしてください。

お肌には、普段から抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eを含んだ新鮮な野菜や果物を摂るようにするとよいそうですよ。

しっかり対策してダメージを受けやすい夏の肌をケアしましょうね。

 

就職指導部 神戸

-イベント・行事, 美容お得情報, 日常・授業
-, , , , , ,