高崎ビューティモード専門学校 Official Blog

夢を実現できる美容学校|TBM 高崎ビューティモード専門学校|Official Blog

作品・その他

【心のアップデート】Do Something For Nothing

 

 

こんにちわ。高柳です。

12日の台風はひどかったですね。

烏川沿いの緑地公園に出向いたところ、
フェンスやベンチがなぎ倒され、沼地化した野球グラウンドにカニの死骸が散乱しているなど増水を物語る爪痕が数々ありました。

立入禁止となったフェンス周辺では取替作業に追われる作業員さんたちに加え、ボランティアかな?と思う方々も見えました。

 

ボランティア で思い出したことがあります。

https://www.instagram.com/p/-cSLp0RF0q/

 

https://www.instagram.com/p/BE1SlFTRF7N/

 

美容師のJosh Coombesさん(ロンドン)がホームレスたちにボランティアでヘアカットをしている様子です。

 

View this post on Instagram

@joshuacoombes - This is Luke, 38 years old || I met Luke on the streets of Melbourne where he has been homeless for nearly a year now. He used to work in logistics, doing the 9-5 like many others in the city. Luke didn't get on with his boss and got the sack from his job for a difference in opinion one day. After efforts to pick up any casual work, it wasn't long before his pay check didn't match rent prices and that started this chapter in his life. Luke has no family in Australia anymore after he lost his mother. His Father lives in New Zealand but they don't speak after an abusive relationship growing up. Luke's outlook on his current situation is so rational and positive. We chatted throughout the hair cut, he said - 'I look at this period as time to think for me, I actually feel like this will be a good thing one day' Luke taught himself how to make bracelets and necklaces to sell and told me he wakes up early each day and starts the day like he would at work with routine because he likes that. They are so intricate and amazing, I joked with him that he could probably plat hair way better than I can! He told me I made his day with the haircut, he totally made mine. #DoSomethingForNothing

A post shared by #DoSomethingForNothing (@dosomethingfornothing) on

 

ホームレスがジェントルマンに大変身です!

 

Josh Coombesさんは

Do Something For Nothing(無償で人の役に立とう)

の精神で無料カットというボランティア運動を長年しています。

 

個人でのボランティア活動。

日本人にこの精神は根付いていません。

なぜなら「触らぬ神に祟りなし」という風習が色濃いからではないでしょうか。

ですので、なかなか日本では実現しない風景です。

慈善が偽善に見られる日本の現状。哀しいですね。

 

そこで、こちらはハワイでの出来事ですが御覧下さい。(左上のコマからタップ)

 

 

 

「俺たちは自分が同じ立場ならして欲しいことをしただけさ」
「お蔭で気分が良いぜ!」

 

ハッとしませんでしたか。

 

 気分がいい

 

この言葉にボランティア精神の全てが込められている気がします。

 

 

できるならやる。

できるのにやらない、を選択しない。というだけ。

それだけでお互いがハッピーになると理解しているのでしょう。

 

ただ、ボランティアというのは情に厚く奉仕の精神だけで乗り切れるものではないと思っています。
しっかりとした知識と高い防犯意識がないとできません。
やっている行為はハートフルなのに、ある意味 ドライ でないとできないのです。

 

難しいですよね。

心無い人間は必ずいます。

そんなときはマザーテレサの言葉を探してみてください。

きっと心がアップデートされることでしょう。

(宗教心はないですが、ちょっと崇高な気分になりました)

 

 

教務部 髙栁

-作品・その他
-,