高崎ビューティモード専門学校 Official Blog

夢を実現できる美容学校|TBM 高崎ビューティモード専門学校|Official Blog

美容お得情報

【美容雑学シリーズ】毛髪の4つのダメージ原因とホームケアは!?

StockSnap / Pixabay

みなさん、ヘアケアしてますか?

この時期は乾燥していますから、髪の毛のパサつきも気になるのではないでしょうか?

切れ毛や枝毛など、ダメージが進行しないようにケアを心掛けてほしいですね

髪の毛のダメージの原因

今日は「髪の毛のダメージ原因」をご紹介しますね

ダメージを大きく分けると4つに分類されます

・ケミカルダメージ

・紫外線によるダメ―ジ

・熱によるダメージ

・物理的なダメージ

以上の4つです!では早速見ていきましょう

ケミカルダメージ

artursfoto / Pixabay

ケミカルダメージとは、読んで字のごとく「化学的なダメージ」のことです

具体的にいうと「ヘアカラー」や「パーマ」等の薬剤によるダメージです

その薬剤によって、キューティクルなどの損傷に繋がることが多いのです

紫外線によるダメージ

Couleur / Pixabay

これは、直ぐにお解りいただけると思います

肌が紫外線を浴びると日焼けをして、ひどいとやけど状態になりますよね?

それと同様に髪の毛もダメージを受けます

 

紫外線を浴び続けるとキューティクルの損傷が進み剥がれやすくなり

さらにメラニン色素も影響を受け、髪の毛の色も変化してきます

熱のダメージ

髪の毛を形作る、電気器具のヘアアイロンやコテなど

非常に便利ですが、使い方によってはダメージを進行させます

特に高温で長い時間髪の毛に触れることで、髪の内部にあるタンパク質が「熱によって変化」してしまうんです

 

それを「タンパク変性」と言います

例えると、生卵に熱を加えてゆで卵や目玉焼きにします

それをそのまま放置して冷めても、元の生卵には戻らないですよね?

髪の毛の内部のタンパク質も同様なことが起こるんです

物理的なダメージ

3dman_eu / Pixabay

物理的なダメージとは、具体的に「シャンプー」「ブラッシング」「カット」などによるダメージの事です

過度なブラッシングやシャンプーなどは、毛髪のキューティクルが剥がれやすくなります

剥がれると毛髪内部のタンパク質が流れ出てしまい、パサつきなどを引き起こします

まとめ

TeroVesalainen / Pixabay

以上が髪の毛に痛みを与えるダメージ原因4つです

こういった原因を知ることで、ダメージの進行を防いだりダメージを極力避けることが出来るのではないでしょうか?

ホームケアでは?

具体的にどうやってホームケアを心掛ければ良いのでしょうか?

「ヘアカラー」や「パーマ」をした場合は「弱酸性シャンプー」を使おう

過度なコーミングやブラッシングはしないようにしよう

髪の毛を乾かしてから寝よう

 

髪の毛がアルカリ性に傾くとキューティクルが拡がり、ダメージの進行に繋がりますので健康な髪が本来持つ「弱酸性」に戻ことが大切です

また、トリートメントは痛みの多い毛先を中心につけましょう!

以上の事を続けることで、いつまでもキレイで健康な髪の毛にしよう!

高崎ビューティモード専門学校 美の伝道師 タカビ

-美容お得情報
-, , , , , , ,