高崎ビューティモード専門学校 Official Blog

夢を実現できる美容学校|TBM 高崎ビューティモード専門学校|Official Blog

美容お得情報

【化粧品について】化粧品を形つくる基本となる成分♪

数日前から台風の影響があちこちで出ていますが、
みなさんの周りは、大丈夫でしたか?
昨日は、北海道で震度7の地震が発生し
ニュースで被害の映像を目にして
このような自然災害が、我校で発生した時のことを考えると、
身体が凍りつきました(*_*)

さて・・・今回は、今や女性だけでなく男性も使用している
『化粧品』についてお話していきたいと思います♪

みなさんが日々使用している、
クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、クリーム、

石鹸、シャンプー、コンディショナーなどなど・・・何で作られているかご存知でしょうか?

ご存じの人もいると思いますが、基本となる成分は、
『水溶性成分』『油性成分』『界面活性剤』の3つになります♪
『水性成分』とは・・・水、ローズ水など
(水や水によく溶けるもの)


『油性成分』とは・・・スクワラン、ミネラルオイルなど
(水に溶けないもの、油に溶けるもの)

 

『界面活性剤』とは・・・(水に溶けやすい部分と油に溶けやすい部分の両方を持っているもの)
界面活性剤の一種で、代表的なのが石鹸です!

界面活性剤については何度か紹介しているため、
今回は、化粧品の骨格となる『水溶性成分』について
触れていきたいと思います(^O^)
水溶性成分というと、
スキンケアの基本となる「潤いを与える」ための
「水」が一番に挙げられますが、
他にも、「肌を引き締める効果」「保湿効果」「防腐効果」
水に溶かして水にとろみを与える「増粘効果」のある成分など、
たくさんの成分が化粧品には配合されています!
みなさんが良く耳にする「エタノール」水溶性成分の1つです!
エタノールは、水に溶けにくい成分を溶かしたり、
肌への浸透を助けたり、殺菌力もあるため、
数%~数十%配合することで、色々に役立つため、
化粧品を形づくる時に、いろんな場面で使用されます!
ただ、エタノールが過敏な人もいるので、
エタノールを使用しないブランドもあります!
「保湿効果」のある成分で、みなさんが良く耳にする成分に、
グリセリンヒアルロン酸類コラーゲン類があります!
保湿剤は、水と結びついて水を蒸発しにくくする働きがあります!
これらの水溶性成分を活用すると、<化粧水>をつくることができ、

 

水溶性成分界面活性剤を組み合わせると、
<洗顔フォーム><シャンプー>をつくることができます!

みなさんが今使用している化粧品にも、
今日紹介した成分が表示されていますので、
時間がある時に、1度確認してみてください♡

教務部  岡田

-美容お得情報
-, , ,